企業情報

プレスリリース

2012/01/19

中国における「自動車修復歴検査システム」に関する特許成立のお知らせ

 
当社の主力製品である中古車流通・販売サービス事業者向け中古車査定システム「IES(Inspection Expert System)」の基幹技術「自動車修復歴検査システム」に関する特許(中国出願 200780049503.6 号)が中国で成立しましたのでお知らせいたします。
 
このたび中国で成立した特許は、既に日本国内で成立している「自動車の修復歴査システム及びコンピューターログラム」に関する特許(特許 第3977867号)と同一の技術的範囲を有し、かつ基幹技術の全てをカバーする特許となっており、中国市場での当社独自の事業展開が有利になるものと想定しております。
 
 
○ご参考 :
 
 中古車査定システム「IES(Inspection Expert System)」製品は、新車ディーラーや中古車販売業において、中古車の買取りもしくは下取りに際する車両状態の査定検査作を完全サポートするソフトウェアです。
 
 熟練された中古車両査定検査士のノウハウをプログラム化し、ソフトウェアが全ての作業工程・検査箇所・検査内容・検査ポイントなどを分かりやすくナビゲートしていきます。本製品を利用することで、誰でも簡単に車両の修復歴をほぼ見極めることが可能になり、事業者様における査定検査士の人材教育・人員コストの削減をはじめ、現場の検査品質の均一化と標準化等の推進・強化をサポートしています。
 
 本製品は、ソフトウェアを搭載した車両検査専用端末とサーバーシステム等により構成されており、車両検査専用端末関しては、日本国内において平成19年に特許を取得しております。(「自動車の修復歴検査システム及びコンピュータプログラム」 ※特許 第3977867 号)また、本製品の販売・利用状況については、平成19 年より大手自動車関連企業様に採用いただいており、これまで本製品による中古車両査定検査の実績は累計30万台を超えるほどまでになっております。
 
 当社の今後における海外販売展開構想として挙げられる中国の自動車市場は、平成21 年は、新車の販売台数が1,350 万台(日本は460 万台)に達し、米国を抜いて世界一となっており、中古車の販売台数も、平成21 年に410 万台にし、日本の中古車販売台数と肩を並べる市場にまで成長しております。なお、中古車販売台数が増加している理由としては、新車販売が急増した平成14 年を契機に、これら販売された新車の買い替え時期と重なったこと、さらに中国市場体の加速度的な経済成長に伴いミドル層人口が増加したことなどから割安な中古車への需要が高まったことがその要因であります。
 
 中国の中古車流通・販売サービス事業は、未だ発展途上の段階にあり、上記のとおり中古車への需要が高まったことも相まって、今後においても大きな成長が見込めるものと想定しており、これに向けた本製品の早期な中国市場の開を目指しております。
 
 
なお、本件の本年度業績への影響は軽微であり、業績予想には変更はありません。
 
 
以上
 

当リリースに関するお問い合わせ
株式会社リミックスポイント
https://www.remixpoint.co.jp/
経営企画室 広報担当
TEL:03-6303-0280
お問い合わせフォーム