製品・サービス

電力事業|よくある質問(高圧向け)

株式会社リミックスポイント(以下、「当社」といいます)の電力事業に関して、株主様、お客様、取引先様等からよくいただくお問い合わせとご質問について以下のとおりお答えいたします。

(2018年11月13日現在)
*尚、以下の内容につきましては、事実の変化、当社の事業方針の変更等により、随時見直しをさせていただきます。

よくある質問(高圧向け)

小売電気事業者の登録は受けていますか?

はい、受けております。
当社は、2015年12月28日付で小売電気事業者として登録されました(登録番号A0090)。

小売電気事業はいつから開始し、供給可能エリアはどこですか?

2016年2月1日から開始し、現在は沖縄・離島を除くすべてのエリアで供給可能です。

小売電気事業の主な顧客層はどこですか?

まずは、当社の既存事業とのシナジーを図るべく、当社の省エネコンサルティングビジネスの顧客層でもある、高圧で一定の電力需要がある工場、医療機関、商業施設を主なターゲットといたします。

新電力の多くが小売電気事業に参入している中で、当社の強みはどこですか?

多くの新電力が2016年4月からの小売電気市場に参入しております。しかし、その大半が主に一般家庭を含めた低圧市場に目を向けています。
当社は、高圧需要のある事業者を主なターゲットとしており市場が異なります。高圧市場は低圧市場と同程度の8兆円近い市場があり、事業性は十分にあると考えております。
* 尚、2018年4月より低圧(従量電灯及び低圧電力)にも対応は可能としております。

また、当社は、独自のEMS(エネルギーマネジメントシステム)を展開しております。多くの新電力は電力需要が高まった際に供給側のみでしか電力需給管理ができないものと思われます。当社のEMS導入先では需要家側で電力需要をコントロールすることで理想的な電力需給管理が可能となります。よって、お客様にとってはピーク電力を抑えることで、電気基本料金の低減を図ることができます。

当社が省エネ補助金の導入を含めた総合エネルギーコンサルティングを展開しており、「エネルギーのプロ」ならではの強みだと考えております。

当社の電気料金はいくらになりますか? 競合と比べて安いでしょうか?

電気料金はお客様の電気使用状況によって変動します。そのため、当社では、お客様の過去12ヶ月分の電気料金明細書とお客様の電気使用状況を確認した上で個別に試算をさせていただいております。
尚、これまで当社が節電、電気料金の削減提案をさせていただきましたお客様からは業界の中でも安いというご評価をいただいております。

小売電気事業を展開するにあたり他企業と提携する予定はありますか?

現在、様々な企業様と提携について協議を進めさせていただいております。

電力はどのようにして調達する予定ですか? また、グリーン電力の割合についてはどの程度になりますか?

当社は、現時点において自前の発電所を有していないため、一般社団法人日本卸電力取引所や電力会社から電力を調達します。また、再生可能エネルギー電気(*)についても積極的に導入の検討を進めてまいりますが、電気事業法およびその他関連法令により「グリーン電力」「クリーン電力」等の付加価値を訴求する表現を使った販促活動は制約されていることもあり、ここでの「グリーン電力」の割合についての回答は控えさせていただきます。

*「再生可能エネルギー電気」とは、太陽光、風力、バイオマス(生物資源)、地熱等の自然エネルギーにより発電された電気のことをいいます。

小売電気事業の代理店は募集をしていますか?

当社が設定する一定の基準をクリアしたパートナー様と代理店契約(媒介)を締結させていただく予定です。
詳しくは以下へご連絡ください。

電力事業部
電話:03-6303-0328
メール:energy@remixpoint.co.jp

どれだけ電気料金が下がるか試算をお願いしたいがどのようにしたらいいですか? また、契約するまでにどの程度の期間がかかりますか?

電気料金は電気使用状況によって変動します。お客様の電気料金をできるだけ適正にするためにも、当社は、お客様から過去12ヶ月分の電気料金明細書と電気使用状況を確認し、個別に電気料金の試算をさせていただいております。
電気料金の試算につきましては5営業日程度をいただいております。試算の結果をもとにお客様と電力供給条件を協議し、ご理解・ご納得いただいた上で契約書の締結をさせていただきます。既存電力会社との契約の切替等の関係もあり、契約締結から2ヶ月程度を目安に当社からの電力供給への切替が可能になる見込みです。

電気料金の支払方法はどうなりますか?

口座振込または口座振替で対応させていただく予定です。

電力の切替に費用はかかりますか?

電力の切替自体に費用は一切かかりません。但し、お客様の電気使用環境等によっては、新たに電線やメーター等の施設・機器を設置する必要がある場合もあります。

当社の電力に切り替えて停電が増えたりはしませんか?

これまでの電力会社と一切変わらず電力供給を受けることができます。今回の電力自由化は販売会社における自由化であり、電力供給義務は従来の電力会社が負っています。このため、電気の質・量とも従来と変わりません。

当社の電力を使うと社会事業に寄付されるということを聞きましたが、どのような仕組みですか?

お客様からお支払いいただく電気料金の一部(0.1%を想定)を当社が社会事業に寄付をさせていただく予定です。寄付先となる社会事業は外部有識者に基準から寄付先までを選考していただくことを計画しております。日本でも寄付の文化が徐々に広がりつつありますが、NPOや社会起業家が安定的な寄付を受ける体制がまだ構築されていません。電気料金という比較的安定的な寄付財源ができることで日本の社会事業がよりスケールアウトすることに貢献します。