Return to Page Top

サステナビリティ・CSRSustainability & CSR

SDGs 達成への貢献

CSRとは

企業の社会的責任。Corporate Social Responsibilityの略。
企業は、利益追求、法令遵守だけでなく、ステークホルダー(利害関係者)の利益を実現することや環境問題への配慮、地域社会への貢献など企業が市民として果たすべき責任。

SDGsとは

持続可能な開発目標。Sustainable Development Goalsの略。
持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み
世界を変えるための17の目標
世界を変えるための17の目標
目標1から9
目標10から17

SDGs× リミックスポイント

SDGsの17の目標に合わせてリミックスポイントの取り組みを紹介

リミックスポイントの自社活動 -自分たちができること-

社会Social
ジェンダー平等を実現しよう
女性活躍推進・ダイバーシティ推進

ジェンダーの平等、女性が活躍しやすい職場づくりを目指します。
女性管理職比率 30%
従業員男女比 57:43(男:女)

働きがいも経済成長も
働きがいのある職場・働きやすい職場

ワークライフバランスを考慮した働き方の推進
有給取得率 69%
残業時間 月間平均11時間
年間休日 129日(2019年度)
フレックスタイム制導入
産休・育休制度

環境Environment
エネルギーをみんなにそしてクリーンに
付加価値付き電気、環境価値付き電気の提供

仮想通貨付与プラン、ポイント付与プランなど付加価値付き電気プランを提供
卒FIT買取、環境価値証書(非化石証書、グリーン電力証書、Jクレジット)を利用した再エネプランの検討

産業と技術革新の基盤をつくろう
災害対策、省エネのコンサルティングを通したエネルギー活用の提案

災害対策(避雷針、自家消費用太陽光、非常用発電機、蓄電池等)や省エネ(LED、EMS、電子ブレーカー等)のコンサルティング、補助金の活用

気候変動に具体的な対策を
エネルギー取引の技術革新

ブロックチェーン技術を使った電力プラットフォーム構築の準備委員会発足

品質Quality
パートナーシップで目標を達成しよう
自社での取り組みや他社との協業によるSDGsに向けた取り組み

自社だけではできないことに取り組む諸団体への支援を通しての取り組み。
自社独自のパートナーシップを構築して目標の達成を目指す。

外部の団体への支援活動

自分たちで取り組めない目標については、目標に取り組んでいる団体を支援します。

2019年支援団体

赤い羽根共同募金

寄付金により高齢者、障がい者ならびに子どもたちが利用する民間の社会福祉施設・団体に対し、車両や備品整備等の配分を行っています。また地域における社会的孤立の防止や大規模災害時の災害弱者対策事業等にも有効に活用しており、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせる「地域共生社会」の実現を推進しています。

image
公益財団法人海と渚環境美化・油濁対策機構

子や孫、その先の出会うことのない将来世代まできれいな海を残せるように、海浜清掃を通じた海洋環境への関心と環境保全への意識向上を目指して、全国各地の漁業者や市民・ボランティアを支援し、海浜等の清掃活動の呼びかけ・取りまとめ、水産資源の保護や海洋環境保全に関する活動に取り組んでいます。また、全国海浜清掃活動や漁業者が参加している植樹活動の取りまとめを行っています。

image
セカンドハーベスト・ジャパン

セカンドハーベスト・ジャパンは日本初のフードバンク団体になります。
フードバンクとは食品企業や農家、個人などから、まだ充分に食べられるにも関わらずさまざまな理由で廃棄される運命にある食品を引き取り、それらを児童養護施設の子どもたちやDV被害者、ひとり親世帯、高齢者、障がい者、難民、災害の被災者等に届ける活動になります。フードバンクは人にも地球環境にも優しい活動です。

image
公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン

災害や家庭の事情で経済的な困難を抱える子どもたちに対して、学習塾や習い事などで利用できる「スタディクーポン」を提供しています。
また、大学生ボランティアが定期的な面談を通して、子どもたちの進路・学習相談にのっています。

image
日本赤十字社

赤十字は「世界中の苦しんでいる人を救う」ことを目的とし、192の国と地域に広がるネットワークを持つ組織です。
日本赤十字社はその一員として、140年以上にわたり災害救護をはじめとした幅広い分野で活動しています。

image
特定非営利活動法人 Reach Alternatives(REALs)(旧:日本紛争予防センター(JCCP))

私たちは、「紛争やテロが起きてからの対処ではなく、未然に防ぐこと」に特化した国際NGOとして、現在ソマリア、南スーダン、ケニア、トルコで活動しています。
具体的には、女性や若者を育成したコミュニティ紛争解決の仕組みづくり、テロリストや犯罪者予備軍の勧誘・過激化予防、紛争やテロの被害者への心のケア、紛争下や難民の女性・子どもに対する性的暴力の予防などに取り組んでいます。

image
公益財団法人日本野鳥の会

1934年に創立した、野鳥と人が共存する社会を目指す自然保護団体です。近年では、シマフクロウやタンチョウなど絶滅危惧種の鳥を守るため、土地を買い取り独自の「野鳥保護区」(約4,000ha/協定含む)を設置して、湿地や草原、森林などさまざまな環境を管理し、野鳥の生息地と生物多様性を保全する活動を行っています。

image
公益財団法人日本ユニセフ協会

ユニセフ(UNICEF︓国連児童基金)は、すべての子どもの命と権利を守るため、最も支援の届きにくい子どもたちを最優先に、約190の国と地域で活動しています。
保健、栄養、水と衛生、教育、暴力や搾取からの保護、HIV/エイズ、緊急支援、アドボカシーなどの支援活動を実施しています。

公益財団法人東日本大震災復興支援財団

東日本大震災復興支援財団は、東北の子どもたちが夢や希望を持って成長できるよう、さまざまな支援をしています。
例えば、被災による経済的な理由で進学・就学が困難になった高校生に返済不要の奨学金を給付する「まなべる基金」や、東北の子どもたちを支援する団体へ助成する「子どもサポート基金」、地元の復興や振興活動に取り組む若者を応援する「ユースアクション東北」など、東北の子どもたちやその家族が笑顔で生活できることを願って、支援を続けています。
私たちは、これからの東北を担う次世代の子どもたちが幸せに暮らせる社会を創生するため、引き続き活動してまいります。

image
NGOワールド・ビジョン・ジャパン

キリスト教精神に基づいて約100ヵ国で活動する国際NGO”何もかも”はできなくとも、”何か”はきっとできる。ワールド・ビジョンは、貧困や紛争、自然災害等のために困難な状況で生きる子どもたちのためキリスト教精神に基づいて約100ヵ国で活動する世界最大規模の国際NGOです。

image
株式会社リミックスポイント 個人情報問い合せ窓口

※お問い合わせは、お問い合わせフォームまたは郵便での受付になります。

  • お問い合せフォーム
  • 郵便送付先

    〒106-6236 東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー36階
    株式会社リミックスポイント 個人情報保護管理担当

Return to Page Top