Return to Page Top

事業紹介 Business introduction

感染症対策×SDGs×BCPソリューション事業

持続可能な事業継続計画を
目指した環境サービスを提供

商業施設や事業場を中心とした事業継続計画やCO2削減を意識し
低炭素化と災害時における自家生産自家消費を目指したSDGsおよびBCPを推進します。
これまで培ってきたノウハウを結集し、多くの企業や自治体が事業成長と社会経済活動を継続的に、
また安全に行えるような取組みを支援します。

Solutions

  • icon

    環境改善マネジメント

    室内空気環境の
    改善対策で空間の安全性を

    空気中に潜む浮遊菌の減少や同じ空間で過ごす人々の安全性を守るための室内改善をご提案します。

  • icon

    BCP対策コンサル

    災害リスクや緊急時の
    事業継続性の構築

    自家生産・自家消費構造の組み立てや自然災害リスクを軽減するための計画支援をします。

  • icon

    電力供給サービス

    電力の需給バランスを取り
    最適で安定した電力供給

    電力の需要と供給を最適化して過剰コストを抑えると共に安心で安定した電力消費活動に貢献します。

Services

様々なアイテムを組み合わせて
最適な環境と社会作りを実現します

導入サービスイメージ
導入サービスイメージ
導入サービスイメージ

AI顔認識+体温検知

オフィス・イベント会場・病院・駅・学校・空港など人々が集まるエリアの出入口へ設置されたカメラやタブレットで「AI+顔認証+体温検知」「顔認識による個人特定検知」「非接触体温検知による高温異常の場合の画面表示とアラート」「マスクの有無検知により自動認識でアラート」「顔・体温のデータ保存・レポートをデータベースに保存」などを行う事ができます。

主な製品

AI+顔認証+体温検知
「Watch Over」

人々が集まるエリアの出入口へカメラやタブレットを設置。

  • AI+顔認証+体温検知
  • 顔認証による個人特定検知
  • 非接触体温検知による高温異常の場合の画面表示アラート
  • マスクの有無検知により自動認識でアラート
  • 顔・体温のデータ保存・レポートをデータベースに保存
AI+顔認証
体温検知

密閉・密集の可視化

1つの空間に人口密度が集中した場合にそこにいる人々の安全性を可視化します。密閉された空間に人が集まればCO2濃度も高まり、屋内環境の換気状況が悪化するため危険性が増します。そこで超高性能IoTセンサーによりCO2を測定。クラウドへデータを蓄積しながら密閉状況を自動判定します。PCはもちろん、サイネージ、タブレット、スマートフォンなどの端末へ、「密閉・密集」状況をリアルタイム配信します。

主な製品

密閉状況モニター

CO2濃度測定による密閉状況モニター。
部屋の「密閉・密集」状況をCO2濃度から定量的に測定し、サイネージやスマートフォン・タブレットへリアルタイムに表示。
基準値を超えると警告画面に切り替わり、換気が必要なことを強く明示することが可能。
データをWEBで公開して、分散を促すこともできる。

密閉状況モニター
生き物はCO2を排出
CO2は下に滞留する
外気はCO2濃度が低い

空間環境改善

「UVGI(紫外線照射)」による照射方式で、空気環境の改善を目指します。本サービスでは高い空間環境改善効果を持つ「UV-C」ランプを使用しており、空気中に紫外線の層を作ることで空気環境の改善を目指します。特殊なルーバー(仕切り板)構造による紫外線の水平照射を実現して、天井付近に紫外線ゾーンを形成することで、人が生活する空間に影響を及ぼすことなく24時間使用できます。

主な製品

紫外線照射装置
「エアロシールド」

殺菌効果のある深紫外線UV-Cを特殊なルーバー(仕切り板)構造により水平に照射。
天井付近に紫外線ゾーンを形成することで、人が生活する空間に影響を及ぼすことなく24時間使用可能。
第三者研究機関の実証試験により、「実空間における浮遊菌減少が89.6%」と結果を得ている。

エアロシールド
イメージ図

光触媒除菌脱臭機
「arc・arcM」

特許技術であるALMIONフィルターを採用。光触媒による強力な除菌・脱臭・ウイルス除去力で、快適で安心できる環境を作り出す光触媒除菌脱臭機。
独自開発した特殊コーティングのアルミフィルターに、UVLEDによって紫外線の光があたると、菌や臭いが分解される。分解された菌や臭いは、微量の水蒸気等になり清潔な空気が排出。

arc・arcM
イメージ図

除菌・抗菌/防臭・防カビ

オフィスや各種施設、イベントスペースなど屋内をまるごとコーティング。抗ウイルスや除菌効果、カビや臭いを防ぐ効果があり普段触れる設備自体を守ります。
施設内へ施工する形で、施工後はわずかな室内灯に反応して効果を発揮させる画期的な技術です。

主な製品

抗ウイルス用
錯体ナノコロイド溶液

錯体ナノコロイド水溶液は1度の施工で「抗菌効果」「抗ウイルス効果」「抗酸化効果」「消臭効果」の4つの効果を発揮、24時間365日無休でブロック、健康・快適な空間を提供。
また、錯体ナノコロイドの元となる白金ナノ粒子は、厚生労働省により食品添加物に認定されており、高い安全性を誇る。

images
除菌・抗菌効果(液体)
除菌・抗菌効果(生地)
除菌・抗菌効果/2時間経過後(室内加湿器使用想定)

可視光応答型触媒で
屋内をコーティング
「SUTTO COAT」

菌、ウイルス、アレルゲン等、体調悪化の原因物質を不活性化・分解する効果のある可視光応答型触媒で屋内をコーティング。
SUTTOCOATを噴霧した箇所に光があたることで、OHラジカルが発生し、ウイルス・菌・悪臭原因物質を分解。
従来の光触媒は紫外線(太陽光のみ)のみに反応するが、SUTTO COATは黄色(室内灯)にも反応する革新的な技術。

SUTTO COAT
大腸菌
黄色ブドウ菌
緑膿菌

落雷抑制避雷針

本製品は、雷が発生するときの「中和速度」に注目し、保護範囲内に雷を「発生させない」テクノロジーを搭載した避雷針です。
保護範囲は基準面から本製品までの高さに応じて決まり、最大で半径50mが保護範囲となります。
本製品はNATO軍施設や国際空港など世界37カ国で累計6000本以上設置されています。

主な製品

雷を“発生させない”避雷針
「dinnteco」

保護範囲に雷を“発生させない”避雷針。従来型の避雷針は雷を誘い込んで落とし、人への直撃や火災を回避。対して本製品は、落雷の発生を抑制し、雷を落とさない避雷針。雷を落とさないため、設置施設、周辺への電気・電子的被害が一切発生しない。
保護範囲は基準面から本製品までの高さに応じて決まり、最大で半径50mが保護範囲。NATO 軍施設や国際空港など世界 37 カ国で累計 6000本以上設置されている。

dinnteco
イメージ図

太陽光+蓄電池

地域の防災や減災と低炭素化を同時実現するために自立・分散型エネルギー設備を導入。
太陽光発電で発電した電力を平常時は自家消費に、災害時には緊急電源や避難施設として照明や空調の稼働に、また蓄電池からの夜間電力活用とエネルギーの効率化を図り事業継続計画(BCP)にも大きく貢献します。

主な製品

高効率高出力の
マグネシウム空気電池
「MAGRIN」

高効率高出力のハイブリッド型マグネシウム空気電池。最大150Wの電力を、72時間という長時間にわたって供給できる。
塩水を供給するだけで電力を発生させるシンプルな装置のため、電気知識のない方でも簡単・安全に操作できる。
安価なマグネシウム電池とリチウム電池のハイブリッドシステム。リチウム蓄電池のみの電源装置と比較して1/3に抑えられる。
非常時に安定して長時間稼働できるため、災害時の非常用電源として利用できる。

MAGRIN

整水器

世界にはきれいな水を得ることが難しい状況に置かれている人々がたくさんいます。
本製品は、ウォーターサーバーやポータブルタイプなどのパーソナルユースから工業用水・農業用水・医療用水や、一度に多くの人が水を使えるウォーターステーションなど、さまざまなシーンにおいて活用することができる「空気から水をつくる」製品を開発し、すべての人がきれいな水を得られる社会を目指します。

主な製品

空気から水をつくる空気製水器
「AQUAM」

空気から水をつくる、空気製水器。
空気中の湿気を強力ファンで取り込み、蒸発装置によって水を生成。厚労省が定める水道基準51項目をクリアした、清潔で新鮮、安全な飲料水を1日200リットル生成可能。電力で生成するため、緊急災害時の飲料水、洗浄水として利用できる。蓄電池や発電機と併用すれば、停電・断水が発生しても水の確保が可能。
備蓄のためのペットボトルスペースが不要のため、空いたスペースを他の災害対策備蓄に使用できる。

AQUAM
AQUAMの内部構造

新電力の供給

リミックスポイントの新電力サービス「リミックスでんき」による電力供給を行います。
高圧電力から低圧電力、一般家庭向けの従量電灯まで全国(沖縄・島しょ部除く)幅広く提供が可能です。高圧電力でのクレジットカード決済対応や一般家庭向けへの様々なメニュー開発など、時代のニーズに合わせたサービス展開が特徴です。

主な製品

リミックスでんき

リミックスでんきは高圧電力、低圧電力、産業向け、家庭向け、多くのお客様にご利用いただける新電力サービス。電力料金削減は勿論、その他省エネ化など総合的にコンサルタント一人ひとりが親身に提案。

詳しくはこちら

Return to Page Top