企業情報

プレスリリース

2017/05/01

BITPointがBTC採掘で中国最大の実績のある銀河蜻蜓と業務提携 -ビットコインの相互販売取引を開始-

株式会社リミックスポイント(証券コード:3825、本社:東京都目黒区東山1丁目5番4号KDX中目黒ビル、代表取締役:小田玄紀)(以下「当社」)の子会社である株式会社ビットポイントジャパン(以下「BITPoint」)は、ビットコイン採掘(マイニング)で中国最大の実績のある銀河蜻蜓(北京)投資有限公司(中華人民共和国北京市、代表者:趙東)(以下「銀河蜻蜓」)との間で、ビットコインの双方向での調達・販売に係る業務提携を行いましたので、以下のとおりお知らせいたします。

 

 

1.本提携の目的

 

BITPointは、2017年2月17日付リリースにおいて、銀河蜻蜓との間で、同社からビットコインを安定的に調達することを主な内容とする提携について発表いたしました。当該リリースの時点では、中国市場におけるビットコイン取引量が圧倒的に大きく、BITPointとしても、ビットコインの大規模需要に備えるため、安定的な調達が必要であると考え、銀河蜻蜓と上記提携の合意に至りました。

 

他方で、2017年4月1日、日本において改正資金決済法を含む仮想通貨関連法案が施行され、日本のビットコイン市場の安定性が世界に示されたこともあってか、日本市場が世界のビットコイン市場の約50%のシェアを占めるなど、約1ヶ月半で市場環境が大きく変わりました。

 

 

img

出展:https://www.cryptocompare.com/coins/btc/analysis/CNY

 

 

安定した現在の日本市場では中国市場に比べて廉価でビットコイン調達ができるようになっていることから、銀河蜻蜓よりBITPointを通じてビットコインを調達したい旨の要望がありました。BITPointでは相互に安定的な調達元になることが両社の利益に資するという判断から、改めて今回の提携をするに至りました。今回の合意により、BITPointと銀河蜻蜓との間で、主に香港を通じて、双方向でのビットコインの調達・販売の取引が行われるようになります。市況、需要に応じて取引を行い、互いに安定的なビットコインの調達元・販売先になることを目的としております。

 

中国の大手マイニング会社とアライアンスを組み、ビットコインの大口での調達・販売を双方向で実現する取り組みは国内仮想通貨業者としては初めての取り組みであります。年内には1日最大取引量を5,000BTC(約7.6億円相当*)とする計画です。
*5月1日12時時点のレートである15.27万円/BTCで換算

 

 

2.本提携の相手先の概要

 

<銀河蜻蜓の会社概要>
商号  : 銀河蜻蜓(北京)投資有限公司
代表者 : 趙 東
所在地 : 中華人民共和国北京市朝阳区东坝中街11号院42号楼1层107
創業  : 2013年8月
資本金 : 1,000万元
事業内容: ビットコインのマイニング、コンサルティング業、投資業等

 

BITPointは、引き続き仮想通貨が「使う・送る・投資する」手段としてより普及するようにサービスを拡充・強化して参ります。これからのBITPointおよびリミックスポイントグループの取組みにご期待ください。

 


当リリースに関するお問い合わせ
株式会社リミックスポイント
https://www.remixpoint.co.jp/
経営企画室 広報担当
TEL:03-6303-0280
お問い合わせフォーム